ブログ一覧

自己愛性人格障害の夫

最初はとても優しくて妻のために良く尽くしてくれた夫、やがて妻を自分の支配下に置こうとしてきます。
そして妻に対して束縛が始まり、友達と会うことすら嫌がり、男と会っていたのではないかと疑って、何をするにも許可を求めなくてはならなくなります。
とてもコンプレックスが強く、マイナス思考なので何でも疑っているため、妻が自己主張するものなら、奇声を発したり、物にあたったり、妻以外の弱そうな人に絡むことがあるのです。

また、妻が自立しようとすると、中傷や罵倒などの精神的暴力を振るい、物を乱暴に扱って妻を怖がらせて支配していきます。
子育ての一番大変な時に協力を拒み、ある程度大きくなって手がかからなくなると、いろいろと口出しをしてきます。
夫が高学歴の場合は、いちいち難癖をつけていかに妻の教育が悪いかを言い出します。
ですが、自己愛性人格障害の人の良いところ(?)は親子関係がうまくいかず、両親を抱え込んで介護をやらせるというケースは案外少ないのです。

自己愛性人格障害の人は、若いうちは勢いがあるのでな何とかそれなりに、周囲から認めてはもらえますが、無理をしてきたつけが中年以降になって、職場の人間関係で問題を起こすようになるのです。
また中年期になると、能力や肉体の限界を感じ始めて、理想の自分と現実の自分の生活とのギャップが大きくなればなるほど、情緒不安定さが増していき、体調を崩してしまうと、奇声を発したり、暴言暴力を起こして、家族や周りから人がどんどん離れていきます。

自己愛性人格障害の人との話し合いは大変難しく、冷静に話していても上げ足を取って絡んでくるので、冷静に話そうとしても感情的になり、つい感情を爆発させるとまた上げ足を取られ、いかに妻が間違っているかを延々と話しだすのです。

自己愛性人格障害の人と穏やかに(?)暮らそうと思うのならば、自己愛性人格障害の心の闇を深く勉強をして、夫婦と言うよりかはお母さんと息子と言う関係になることができれば、何とか一緒に暮らすことは可能です。
愛情があればの話しですが・・・
自己愛性人格障害の人の言動に多少納得しできなくとも、認めてあげることが大切であること、そして常に冷静でいること、予測できる難題をあらかじめ把握しておき、その中には予測できない難題への対処についても、日ごろから研究していれば、いざとなっても落ち着いて対処が可能になるのです。

自己愛性人格障害の人を否定も肯定もしないでください。
否定している時も肯定している時もその人の性格を意識していますので、潜在意識に自己愛性人格障害の夫が入り込んでしまいます。

普段は自分の趣味や楽しいこと、これからの楽しい未来だけを考えてください。
そうすると良いことが現実に起こってくるので、その良いことが起こり高くなった波動で接すると、母なる心として受け入れることができるのです。

2020年02月08日

自己愛性人格障害の夫と仲良くする方法

自己愛性人格障害の夫はお金にはケチで、妻が勝手にお金を使うことが嫌で、お金に関しては細かいことまでチェックします。
また、妻は作り笑顔でもいいので、笑顔でいた方が夫は安心します。
夫が仕事から帰ってきた時は、喜んで元気に迎えてあげてください。
また疲れやすい体質なので、一人きりでいたい時には、そっとしておいてあげてください。

夫は常に緊張してますので、妻は穏やかに接した方が良いのですが、妻もどこか夫に似ているので結婚したというケースが多いです。
自己愛性人格障害の傾向である場合が多いので、夫を理解する前に自分自身について安らぎを得ることが先になります。

妻が自己愛性人格障害の夫と上手くやっていくためには、夫ではなく妻自身が生きているのが楽しいという自覚が必要です。
妻自身がイライラしていると、その言葉や態度そして目に見えない嫌な念を飛ばしてしまいます。

自己愛性人格障害の人は幼い感性がとても鋭い時期に、親の言葉や態度そして目に見えない嫌な念を感じてきたからこそ、自己愛が病的に肥大化していることを受け入れましょう。
夫が面倒くさいことを言っても、話しをまともに受け取らないで聞きましょう。

また妻も自分の個性や感情をしっかり言葉にしても良いと思います。
そして少しでも愛があれば、自己愛性人格障害の夫が安らげる妻になることで、これから先に良い関係が築けるでしょう。
具体的な方法については、ブログで書くのは限界なのでお聞きください!

2020年02月05日

ADHDへの対応

ADHDの人は、学校や職場での集団行動が嫌で、その様な自分にイライラしています。

人との協調性がないため、他人と一緒に行動すると、居心地が悪くなって、我慢できなくなります。
無理に周りに合わせようとすると、うつ状態のようになることがあり、自分の殻の中に閉じこもって、生きているのが嫌になってしまうのです。
しかし他人と協調しなくても良い環境にいると、隠れた天才的な才能を生かせ、結果その分野で成功して、裕福な生活を送ることも可能なのです。

一般にADHDの人は、自分の方に注意が向けられず、お風呂に入らなかったり、部屋の片付けができず、時間にもだらしないため約束の時間に来なかったりします。
一方、覚醒度が上がっていくと、多動性や衝動性が高まり、気分にむらがあって落ち着きがなくなり、不安が高まるとパニックを起こすこともあるのです。
特に女性の場合は、不注意な行動が多くみられるのです。
ADHDの人は芸術面で優れている人が多く、その分野では驚異的な実力を発揮させることができますが、親自身に心のゆとりがないと、子供の隠れた才能を見過ごしてしまいます。
また同時にいくつものことができず、興味の無いものには関心がないため、注意力が散漫になってしまいます。

自分の能力の隠れた才能を発見をして、伸ばしていくことで、自分自信をコントロールしていく感覚をつかむことが大切です。

ADHDの人への対応は、焦らさせず安心できる、安らぎを与えていくことが必要です。
茶道の様な心を癒す特別な空間の中にいるなど、一人でも安心して落ち着いて過ごせる時間を多く持つことで自己イメージを高めて、自信へとつなげられると思います。

ADHD症状のある人は双極性障害、うつ病、境界性パーソナリティ障害、PTSDなどに似ています。

人とのコミュニケーション能力を茶道を通して高めてみませんか?

2020年02月01日

自己愛性人格障害の未来

自己愛性人格障害は生まれる前からの胎児のときから、お母さんの心に問題があり、生まれてからの親子関係の様々なトラウマから、自己愛性人格障害へとなってしまいます。
そして、もう二度と対人場面で無力感に打ちひしがれないためにも、自分はすごいと思い込み、自分だけが特別で若くて死ぬことがなく、周りの人は皆無能なのだと決め込んでしまいます。

自分を大きく見せるため病的に嘘をついて、嘘をつくのがうまくなっていきます。
人は母からの愛情を受けずに育つと、ガサツで、非常識、傲慢で、周りは皆敵ばかりと思い込み、だから人を支配することにより快楽を感じるのです。
生まれた時母の愛を受け、その後地獄のような生活になっても、それをバネに成功していく人がいる一方、生まれた時地獄で、その後母の愛を受け天国の様な環境で育っても思考に歪みを生じて、自己愛性人格障害かそれに類似する人格を形成させてしまうのです。

そして男性の場合は、金、物、見せかけの優しさ、嘘、第一印象は良く、人が寄ってくるので、たくさんの女性と交流を持ち、もてることに執着していきます。
女性の場合は、背が高くイケメン、高学歴、高収入、上場企業の社長などの若くてお金持ちの男性との交流に執着していきます。

自己愛性人格障害の人は、生まれた時から精神的に親から躾と称して迫害されているため、虐めや劣等意識を持ったまま、学校や社会からも迫害されてきたので、人の不幸が大好きで、幸せそうな人への憎しみが深いです。
自分がわからないので、将来への希望はなく、祈りの場もなく、寂しさ、やりきれなさ、絶望、苛立ち、怒り、傷つきやすさ、自分を見捨た親への猜疑心いっぱいです。

恋人関係においては、最初のうちは、誠実で明るくて、恋人のためにたくさん尽くします。
恋人の言うことを聞き、不平不満も聞きますが、次第に恋人をアクセサリーのように扱っていきます。
猜疑心もとても強くて、また見捨てられるのではないかと言う不安から、恋人を支配しようとします。
自己愛性人格障害の人は、若いうちは他者をコントロールして自分が有利な構造を作り出していきますが、高齢になり肉体が衰えていくとコントロールすることが難しくなり、家庭内での離婚問題や職場の人間関係で問題を起こしていきます。

自己愛性人格障害の女性はとてもプライドが高く、電話相談を受けても、相談を受ける前に担当のカウンセラーが事前にその情報を入手するため、どうしても相手を怒らせないよう、ご機嫌をとりながらカウンセリングをする場合があります。
怒ってカウンセラー料金を支払わなかったり、クレーマーになって攻撃されることを恐れ、本音でのカウンセリングを難しくさせてしまいます。
職場でもプライドの高さから上司や先輩たちとの人間関係がうまくいかず、中年になっても転職を繰り返し、生涯独身の女性もいます。
しかし自分の性格を改善していかないと、今後も転職を繰り返し、生涯ソウルメイトには出会えない孤独な人生になるのですが、自分の性格を改善しようとは思わないのです。

また、中年期の後半辺りから、理想と現実の自分の生活とのギャップが大きくなればなるほど、情緒不安定さが増していきます。
そして、表面ばかりを取り繕うだけの人生に終始していたため、体調の悪さや暴言暴力だけが残ってしまって、
周りから人がどんどん離れていきます。最終的には、愛のない哀れな老人になり、孤独になることが多いと言われています。
自己愛性人格障害の人は、神経質で猜疑心が強く、社会に対して見返しいたいという欲望が強く、不安と苛立ちの強い人を引き寄せてるのです。
占い師に視てもらっても最終的には、「あなたは必ず成功します!」と言わせてしまい、その占い師には多額の料金を支払って、自分の都合の良いことだけを言わせてしまうのです。
逆にズバリ本当のことを言う人からのアドバイスは受けません。
しかし、過敏に反応をして、妄想するため常にストレス状態で、無力感や劣等感にさいなまれ守護霊様からの加護も受け付けません。

生涯ソウルメイトと巡り合えない、寂しい人生を歩むようになるでしょう。
子どもの頃から、プライドだけで生きていて、目立ちたがり屋で、極度に傷つきやすく、周囲は敵ばかりと思い込み、直接相手を攻めるか、私なんて…と言って相手を間接的に攻めるかの違いはありますが、共感性がなく人の輪の中心にいないと気が済みません。
妄想から悪霊に憑かれやすく、憑かれると異常なまで執着をして、行動や性格が極端に自己中心的になっていきます。

自己愛性パーソナリティ障害の人の妄想を聞き入れて、共感をすることで、穏やかで落ち着いて見える通の人です。
しかし嫌なことを思い出すとそこから妄想が始まってしまいます。
精神的に不安定なため、物事を私にとって良い悪い、でしか判断できず、見せかけの人生観で今の自分を守ります。
その見せかけを暴いても絶対に認めず、ますます意固地になってしまうため、カウンセリングでは、その人の世界に入り込んで、感情を一緒に共有することから信頼関係を構築していくことが、自己愛性人格障害の人の心を開かせる唯一の方法になります。

また独裁者が陥りやすいひとつに、人から注意をされると自分自身がコントロールできなくなることですが、秀吉がとても腹が立ってイライラしている時、千利休が一服のお茶を静かに点ててそっと秀吉の前に差し出し、穏やかで静かな話し方に、秀吉は荒れていた気がだんだんと静まっていく場面をテレビで見たことがありますが、茶道の奥技を自己愛性人格障害の人に応用したら良いと常に思っております。

たとえて言えば千利休のような茶道の達人ならば、自己愛性人格障害の人を受け入れる力があると思います。
具体的には常に相手の意識に集中して、逆上されても、落ち着いてリラックスした心で対処すること、そのためには自分自身が守護霊様に護られている、ソウルメイトに囲まれ心が穏やかで、平和で静かな力強い宇宙エネルギーに満ちていることが必要です。


2020年01月31日

不倫相手の言う「夫婦仲が悪い」は信じても良いのか?

不倫の相談では、必ず相談者は彼は『奥さんと別居中です。』とか、『彼は今奥さんと離婚を話し合っています。』など、いかに相手の夫婦仲が悪いということを話ます。

でも、男性は不倫相手にはそのように言ってしまいます。そしてそのようなことを言うと、喜ぶことを知っています。

もし悪びれもなく『夫婦仲が悪い!』と言う人は不倫の常習犯ですが、ためらいながら恥ずかしそうに言ったら、それはあなたのことが好きで、今を楽しみたいからです。
不倫相手に『夫婦仲が悪い!』と言われても、そのまま受け止めない方が良いです。

もし不倫がバレてしまうと、人によっては奥さん側について一緒にあなたを攻撃してしまう場合があります。
そしてほとぼりが冷めてから、あれは演技だったと泣いて言われると、そういう浮気相手を許してしまうという人も多いです。

女性は大変直感が優れていますので、なんか胡散臭いと感じるのですが、だんだんと感覚が麻痺して、
彼の言ってることを信じるという傾向が多いですね。

彼と奥さんとの仲が良くなり始めると、あなたへの連絡がだんだんと遠ざかってしまいます。

彼に執着しすぎると、彼は今の奥さんがいてさらに彼女がいる、と言う嬉しい状態を崩したくないために、現状を変化させようとは思えなくなってきます。
もし本気で離婚をしてあなたと一緒になりたい、と言うケースではこのような波動とは違う波動です。

本気で奥さんと別れたいという男性の場合は、現状と将来についてもっとわかりやすく、しかも具体的に話をしてくれます。
そして話している内容に実行が伴ってます。
覚悟を決めた二人の仲は迷いはなく、守護霊様が味方をしてくれますので、自信と優しさを感じます。

直感力の強い女性が、少しでも胡散臭いと思ったのなら、
信じたくなる気持ちはわかりますが、同じ穴の狢の夫婦なので、深入りしない方がうまく行きます。

パラレルワールド の世界に入ったと思って 楽しめばいいのです。

しかも波動の低いパラレルワールドでは、 大変重い波動なので頭の中がカチカチになり、呼吸が浅くなります。
というワールドに来たということを客観的に見て、今の自分を楽しめば良いのです。

そして 次のパラレルワールドはもっと波動の高い、ワクワクした世界が待っている、 そこには新たなパートナーが待っている。
という風に思った瞬間、あなたには新しいパラレルワールドの世界へ入っていくことができます。

そうすると心配しなくても今起こっている現実の不倫で苦しんでいることは解決してくれるのです。

苦しいことを体感することによって、幸せで嬉しく楽しい世界に入った時、幸せで嬉しく楽しいということを実感します。
しかし不倫を行う人の多くは 若い時から 苦しんでいることを 体感していて、それが自分の姿だと 思い込んでいます。

パラレルワールドの世界には苦しい自分の正反対に、楽しい自分の世界も あります。
貧乏の世界もあれば、裕福でお金に困らない世界もあるのです。
常に心の思い病的な世界もあれば、健康でわくわくしていつも弾んでいる世界もあるんです。

どちらの世界に行くかはあなたが望んだ方に決まってしまいますので、あなたの心の中で楽しい幸せなイメージをしてください。
そうするといつのまにか幸せなパラレルワールドにいることに気づきます。

今は苦しくてそうは思えなくとも、信じている人は行くことができるのです。



2019年11月23日

なぜ不倫をしたのかわからない

不倫はいけません!と言い気れる人はいないでしょう。

良い悪い、〇か☓は地球での法則で、宇宙の法則では良い悪いもなく、〇も☓もありません。
不倫をしてしまった女性は、なぜ不倫をしてしまったのかもわからないのです。
しかしインナーチャイルドが泣いているのは本当です。

インナーチャイルドが泣いて、性の中でしか癒されなくなってしまったのでしょう。
一般論や正義を持ち出して話をすれば、不倫は悪いに決まってますが、正義ではインナーチャイルドは癒されません。

また夫がモラハラであった場合、一生いじめられて惨めな思いをして暮らすよりも、それに対して共感してくれる相手がいた場合、どんなに心強いことでしょう。
そして不倫は絶対にいけませんと言い切る人に限って、不倫をしてしまうとのめり込みます。

不倫に踏み込む瞬間は、『もうどうにでもなれ!』と思って、波動が低い状態になっています。
夫婦関係が冷めていると、他の人に目が向くのは当然で、そして、夫婦仲が悪くて不倫をしてしまった場合は、本気になってしまいます。
乾いた土に水をやると早く吸収するように、乾いた心に他の人の癒しが入ると、あっという間に吸収して、その中で安らぎを求めようとします。

ではそもそも、誰から見て夫婦円満なのか?

他人から見て夫婦円満だとしても、夫婦円満だとは言い切れません。
そして、夫婦どちらかが夫婦円満だと思っていても、それも夫婦円満だとは言い切れません。
波動が低いと、一生懸命夫婦円満を装っていて、でも心では不満だらけという夫や妻はとても多いです。
知らぬは夫だけ…。
しかし、本当に夫婦円満なのに不倫をしている人もいるのも事実です。
その場合は、典型的な女好き、男好きだということなのです。

典型的な女好き、男好きは、これは前世からの因縁なので、前世を変えてしまうしかありません。
旦那は本当に優しくていい人だから尊敬してる、でも私が支配できるような男性が現れたらもっといいのになあ、 思っていたりするとこれはハイヤーセルフにオーダーを出したことになるので、その形が現れてしまうのですね、そして不倫へと進んでしまいます。

オーダーの出し方が間違えたからです。

今の現状に不満を持っていると、現れた相手も不満の多い人です。
『あれ!』 と思われる方もいるかもしれません。

2019年11月22日