自己愛性人格障害の夫と仲良くする方法

自己愛性人格障害の夫はお金にはケチで、妻が勝手にお金を使うことが嫌で、お金に関しては細かいことまでチェックします。
また、妻は作り笑顔でもいいので、笑顔でいた方が夫は安心します。
夫が仕事から帰ってきた時は、喜んで元気に迎えてあげてください。
また疲れやすい体質なので、一人きりでいたい時には、そっとしておいてあげてください。

夫は常に緊張してますので、妻は穏やかに接した方が良いのですが、妻もどこか夫に似ているので結婚したというケースが多いです。
自己愛性人格障害の傾向である場合が多いので、夫を理解する前に自分自身について安らぎを得ることが先になります。

妻が自己愛性人格障害の夫と上手くやっていくためには、夫ではなく妻自身が生きているのが楽しいという自覚が必要です。
妻自身がイライラしていると、その言葉や態度そして目に見えない嫌な念を飛ばしてしまいます。

自己愛性人格障害の人は幼い感性がとても鋭い時期に、親の言葉や態度そして目に見えない嫌な念を感じてきたからこそ、自己愛が病的に肥大化していることを受け入れましょう。
夫が面倒くさいことを言っても、話しをまともに受け取らないで聞きましょう。

また妻も自分の個性や感情をしっかり言葉にしても良いと思います。
そして少しでも愛があれば、自己愛性人格障害の夫が安らげる妻になることで、これから先に良い関係が築けるでしょう。
具体的な方法については、ブログで書くのは限界なのでお聞きください!

2020年02月05日